【バレエ障害】なぜ三角骨障害は手術で完治しないのか? その2

さて、想像以上に進行が遅くなってしまったので、しっかりと進めて行きたいと思います。

 

初回は、「足関節の解剖と三角骨障害の原因について」

【バレエ障害】なぜ三角骨障害は手術で完治しないのか? その1

2回目は、補足説明を

【バレエ障害】なぜ三角骨障害は手術で完治しないのか? その1.5

それぞれお伝えしました。

 

そして何故かバレエサポーター達で始まった「三角骨まつり」、

各先生方、さまざまな見解がありますので参考にしてみてください。

 

名古屋 葵接骨院 藤田先生→正しくからだを使うの意味って??

横浜のバレエトレーナー 猪野先生→トゥセパレーターはやっぱり便利

大阪 バレエダンサーのレスキュー隊 Yoshie 灰方先生→本当に三角骨の痛み??

われらがDLSの愛さんこと佐藤先生→ダンサーのケガ 三角骨ってなんだ?

 

では、今回は「三角骨障害の痛みの正体」についてお伝えしたいと思います。

一般的に三角骨障害は、足の軟骨の突起が剝がれて関節の中をぷかぷか浮いていて、それがルルベやプリエなどの動作の際に挟まった時に起こる、剥離性骨軟骨炎だといわれています。

しかしながら、人によって三角骨があっても痛みが出ない人がいたりするところを見ると、骨軟骨炎としての整合性に欠ける部分も感じますし、骨を摘出しても相変わらず痛みが出現したりするケースがあったりするのを見ると、そもそも骨が影響しているとは言い難い部分もあります。

 

では、この痛みの正体って何なのでしょうか?

 

痛みの原因の一つに「癒着」が挙げられます。

癒着とは読んで字のごとく、皮膚や筋肉がくっついてしまうこと。

もちろん、皮膚や筋肉以外にも沢山の組織があって、各組織の間には「膜」というものが存在し、仕切り板のような役割をしています。

正常な状態では、その膜が仕切り板として機能するので、筋肉もきれいに滑り、力を出すことが出来るのですが、何かの要因で「膜」が接着剤のような働きをしてしまうと、筋肉はうまく収縮できないので力が発揮できないばかりではなく、関節が上手く使えなくなり、特定の箇所にストレスをかけるようになってしまいます。

ここで、第1回にお話した関節の話と繋がってきますね。

特定箇所にストレス加わると腫れや痛みが発生する、これが「三角骨障害でみられる痛みの正体」なのです。

もちろん、原因がこれだけとは限らないのですが、多くの場合、この組織間の癒着が剝がれるだけで痛み症状が改善するケースが多くみられます。

 

では、セルフケアとしては何をすればいいのでしょうか?

まずは、ポールやボールなどによるセルフリリースをオススメします。

また、この膜の特性の一つに「熱に弱い」というものがあります。

お風呂の中などでゆっくりストレッチをかけてみるのもいいかも知れません。

 

ここでご紹介したのは、原因の全てではありません。

一番怖いのはご自身で判断してしまい、症状が悪化するケースが実際に存在すること。

バレエ障害でのお悩みやご質問等があれば、一人で悩まずに講師の先生方やわれわれ専門家にご相談ください。

もちろん、当院のメールフォームからでもご相談いただけます。

 

バレエ障害を改善して、ハッピーなバレエライフをお過ごしください。

 

 

 

 

3 件のコメント

  • 初めまして。
    三角骨についていろいろ調べていたら、こちらのサイトを見つけ、興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。
    中1の娘がまさに今、この三角骨障害の痛みで苦しんでます。
    ちょうど三角骨祭りだった、五月中旬くらいから痛みがひどくなり、整形外科、整骨院をジプシーしました。
    三角骨祭りでいろんな方の内容を読ませていただき、改めて足のアーチが身体の多方面に影響するか勉強になりました。
    いまは、ストレッチやマッサージで調整しつつ、娘は頑張ってます。
    まだ、ルルベで痛みがある状態です。
    早く改善できるとよいのですが。

    • 村上さん、はじめまして。
      コメントいただきありがとうございます。

      娘さんの三角骨の状態は大丈夫ですか?

      さて、今の娘さんの状態を詳しく診ていないので滅多なことは言えませんが、ルルベやポワント動作の時に、アキレス腱に力が入っていませんか。
      もしそうであれば、足底の内在筋が使えていない可能性があります。
      足底の筋膜をリリースして内在筋を使いやすくしてあげてくださいね。

  • コメントありがとうございます。
    最近、整形外科をかえて、すごく良いリハビリの先生に出会えました‼
    娘の足は扁平足がひどく、アキレス腱に負担がかかりやすいことを画像など見せていただき、また、ふくらはぎの筋肉がものすごく固いことを教えていただきました!
    来年5月にバレエの発表会もあり、なんとか除去手術を避けたかったので、すごく前向きに進んでいけそうです!
    いまはストレッチやマッサージの指導を受け頑張ってます!
    このサイトに出会わなかったら、知識のない私は手術をしていたかもしれません!本当に、本当にありがとうございました!
    しかもアドバイスまで(*^^*)
    いまは扁平足サポーターと足の指につけるパットの見つけて、アキレス腱に負担かからないようにもしてみてます‼
    本当に感謝です!
    また良くなりましたら、ご報告させていただきますm(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です