東京へ組織間リリースセミナーに行ってきました

最近、暑い日が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

僕はというと先日の土日の2日間は、東京で過ごしておりました。

当院のコンセプトの基になっている「リアライン・コンセプト」のなかでも、最も重要な「組織間リリース」のセミナーです。

このセミナーは全3回で構成されており、今回は最後の3回目。

2ヶ月に一度の東京旅行も、これで最後かと思うと少し寂しい気がします。

 

そもそも何故、組織間リリースが必要なのか?

それは痛みを生み出す「関節の歪み」の原因の多くが、「癒着」と呼ばれる組織間のへばりつきによって起こるため、それらを「剥がす」必要があるからなのです。

勿論、身体は何層にも重なっているので、癒着を起こしている層を適切に見極めていく必要があります。

こうやって全国から理学療法士や鍼灸師、僕たち柔道整復師といった医療従事者が一堂に会することは珍しく、皆、素晴らしい先生方なので大変刺激になりました。

 

今回の山場、それは「試験」です。

試験内容は、各組織間に対して適切にアプローチを行い、効果を引き出すことができているかというもの。

今回の試験では、膝関節周辺の組織間リリースを行いました。

皆、きちんと検査をし、どの部分のどの層が癒着しているのかを適切に見極め、アプローチしていきます。

ちなみに、水色のポロシャツを着ているのが僕です(笑

2人1組で、リリースを受けている方が評価をします。

試験も約3時間の長丁場だったにも関わらず、あっという間に終了。

 

試験の結果は上々でしたが、これに満足せず、しっかりと今後の臨床に役立てて行きたいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です