自己流運動のワナ!?

こんばんは!!

今日の香芝市は雨。気温は5℃程度までしか上がらなかったようです。

旭ヶ丘から山手を見ると雲がかかっていて、雪でも降っているのかと勘違いする程でした。

 

さて、今日は「自己流運動」についてお話をしたいと思います。

よく初診の方に自宅での運動量についてお話をお聞きするのですが、そのなかでも多い回答としては

「テレビでやってた体操を毎日欠かさずやってます」

とか

「自己流でストレッチや体操をしています」

と、いうもの。

 

確かにテレビを通じて毎日多くの運動、自宅エクササイズの方法が放送されています。

それゆえに多くの皆さんがセルフエクササイズに関心を示してくださるのは

とてもありがたいことだなぁと思っていました。

 

但し!但しですよ!?

 

基本的には、慢性疾患(肩こりや腰痛など)をお持ちのほとんどの方が

これらのエクササイズをしているにも関わらず、こうして当院に相談にきてくださっているという事実。

だとすれば果たして、その体操やエクササイズって効果があるといえるのかというと

甚だ疑問を持たざるを得ません。

 

では、何故このようなことが起こるのでしょうか?

 

答えは「脳」。

長期間悪い姿勢でいると、脳がその姿勢を覚えて「正しい姿勢」として認識してしまいます。

そのため身体中の筋肉のバランスが崩れてしまい、「使いやすい筋肉」「使えない筋肉」が

出来上がってしまう。

そのためエクササイズをしていても、無意識に「使いやすい筋肉」を優先して使うようになります 。

結果的に、より身体のバランスが崩れてしまい、いつまで経っても症状が落ち着いてこないのです。

 

では、チェックしてみましょう!!

まずはイスに座って「正しい姿勢」をしてみましょう。

 

 

・・

 

・・・

 

では、次にそのまま「楽な姿勢」をとってみてください。

 

 

・・

 

・・・

 

「正しい姿勢」と「楽な姿勢」にあまり差がなかったあなたは、非常に優秀です!!

おそらく自己流の運動でも支障は出ないと思われます。

「正しい姿勢」と「楽な姿勢」に、歴然とした差が出たそこのあなた・・・

自己流の運動はオススメできません!

 

正しい運動は、正しい身体から。

みなさんも気をつけましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です