運動会のお弁当と運動音痴

9月に入り、そろそろ始まる運動会の練習。
あなたは昔、運動会が好きでしたか?

当時、運動音痴だった僕にとって運動会は苦痛以外の何者でもありませんでした(笑

運動会の日程が近づくにつれため息が増え、種目決めではなるべく目立たないように
身を潜めていました。
もちろん、みんな楽しみにしているお弁当だって、全く興味も湧きません。
両親はそんな僕の姿を見て、どっちに似てるからだとか話していたのを覚えています。

 

さて、運動音痴って実は遺伝ではないということをご存知でしたか?

一見、遺伝するように思われがちですが、実はそうではないことが
最近の研究で解明されています。
結局のところ、運動が苦手なご両親は子供と運動をする機会が少なく
運動学習する機会が相対的に少ないからという

「環境的要因」

が、原因だったのです。

こういった運動学習に恵まれていない多くの子供たちは、
身体のバネを使うのがとても苦手です。
にも関わらず、

「速く走るには、もっとこう腕をしっかり振って!!」

なんてフォームの修正から入ろうもんですから、本人にすれば

「しっかり腕を振ってるのに!!」

となるわけです。
これが経験として蓄積されていき、周りからも言われると

「僕は運動が苦手なんだ」

と、勝手に結論付けてしまい、運動音痴が出来上がってしまいます。

こういった運動が苦手な子供たちを運動好きにするためには、
運動での小さな成功体験をたくさん経験させてあげることが
大切です。

そのためには、身体のバネを最大限に引き上げてあげて
動きやすくしてあげる必要があります。

子供の「できた!!」を増やすことができるのは
最強サポーターのあなたの役目。

そう思いませんか?