バスケットボールでの尾てい骨の痛みと足首の柔軟性

バスケットボールをやっている成長期の学生に、意外と多く見られるのが

「尾てい骨の痛み」

ちなみに、この尾てい骨痛の症状の訴えとしてよく聞くのが、

□走ったりジャンプした時が痛い
□前に屈めた時が痛い
□寝ていて上を向くと痛い

といった、いわゆる「運動痛」と呼ばれるもの。

実際に触ってみても、圧迫による痛みが出ている場合が多く、一見すると、尾骨をぶつけたのかと言う疑いを持垂れるようなこともしばしばあるようですが、もちろん本人の記憶には覚えがありません。

当院でも、このような尾てい骨痛症状の患者さんを診るケースは少なくありません。

整形外科でレントゲンを撮ってもらっても異常はなく、単なる炎症として片付けられるケースが多いこの痛み、一体なぜこんなことが起こるのでしょうか?

バスケット競技の特徴から尾骨痛を紐解く

バスケットボールは競技特性上、他のボールスポーツのように体幹をひねるような動作はほとんどありません。

もちろん、ドリブルを手で打つので前傾姿勢になることが多く、その状態から上半身を捻ることなく足の軸を使って、体ごと左右に回旋します。

通常はこんな感じで股関節を中心とした前傾姿勢を取りますが、

basketball-game-1608864_960_720

成長期の学生は、体が固いのにストレッチをしなかったり、急に身長が伸びたりするので基本的に身体意識が甘くなりやすいため、股関節を使わずに、こんな感じで背中や腰を曲げて状態を低く保つ傾向が強いように思います。

sport-660580_960_720

この際、足首がしっかり曲がっていないと、その影響は骨盤に及び、特に脚側から骨盤を引っ張るような姿勢になってしまいます。

また、競技中のジャンプ動作も同様に、曲がった背中と曲がらない足首で着地した際に、背中と脚側から骨盤を引っ張ってしまうことが起こるのです。

これらが尾骨周辺の筋膜にストレスを集中させてしまい、結果として起こるのがいわゆる「尾骨の痛み」

では、チェックしてみましょう

こういった尾骨の痛みに対して、最初に当院で行うチェックの方法があります。

1:まず、足を腰幅にして足先を外に開かず、まっすぐ平行にします。
2:そのままの状態から、深くしゃがみ込みんでもらいます。

通常は何事もなくしゃがみこむことができますが、尾骨痛を訴えて来院される方のほとんどが、かかとが浮く、つま先が浮く、後ろに倒れるなど、足首が硬いのです。

この足首の硬さの原因には諸説があります。

足首が硬くなる原因とは?

一つは、生活環境の変化。20〜30年前は床や畳生活でトイレなどもでも深くしゃがみ込むことも多かったのですが、今はイスやソファー、トイレも洋式化し、あまり深くしゃがみ込むことがなくなりました。

housing-900233_960_720

もう一つは、運動量。ある機関の調べによると、1970年代以前と現在の子供の1日に歩く歩数を調べたところ、半分以下になっているという結果だったそうです。

children-593313_960_720

ゲームやパソコンなど、室内で動かずに遊べるものが普及したことも原因かもしれません。もちろん、幼小児期の運動量低下は、体の発育発達上にも大きな影響になり得るでしょう。

バスケットボールにおける尾骨痛の多くは、最初はこう言った足首の硬さから始まり、徐々にストレスをためた結果発生していくようです。

当院で施術を受けた中学1年生のバスケ部員は、来院当初、前屈で床に指がつかず、尾骨の痛みを訴えていましたが、当院に通院し始めて痛みが軽減し、今では痛みもなく床に指もつくようになりました。

thumb_img_1644_1024
もちろん練習も再開し、部活動も痛みなく楽しめるようになっています。

今日のまとめ

尾骨の痛みを長期間放置していると、悪化して骨膜炎に至るケースもまれにあります。
そうすると、部活動も長期にわたって休まなくてはいけなくなりかねません。

まずは、体のバランスを整え、柔軟性を上げることからスタートしましょう。

尾骨の痛みを改善したいあなたは、当院の姿勢改善整体がオススメです。

lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です