スウェーで悩んでいる人は背骨を使えるようにしよう

スウェーで悩んでいる人は背骨を使えるようにしよう

「どうしてもスウェーしちゃうんですよねー」

というクライアントさんが来られました。

スイングの確認をしたところ見事なスウェーです。

気になるポイントがあったので聞いてみることに。

「右の腰、痛くなりませんか?」

「え?はい!でもどうしてわかったんですか??」

というわけで、今日はスウェーとスイングの特徴について。

回したいのは腰よりも背中です。

スウェーする人の特徴

スウェーする人に特徴的なのは、バックスイングの浅さです。

バックスイングが浅いと次の動作でたたき込みが起こるので、円周軌道

を確保するために前方へのスライドで確保しようとする。

これが、僕の院でよくみるスウェーする人の特徴です。

バックスイングが浅い=スウェーするということではありませんが、スウェーを起こしやすい要因であることは間違いありません。

スイングの時に背中を使えるとどうなるのか?

スイングの修正に来られる方の多くは、腰で振っておられます。

解剖学的なお話でいうと背中を捻る(回旋)角度は35°、腰を捻る(回旋)角度がなんと5°(苦笑

だったらどちらを使って回したほうがいいのか、考えるまでもありませんよね。

だから腰で振ると体の捻れが浅くなるので、変な癖がつきやすいということ。

なるほど、納得ですね。

背中を使うためのカギは「関節意識」

じゃあ、どうすれば背中を使えるようになるのでしょうか。

まずは実験してみましょう。

まずは直立で立ち、足を腰幅にします。

そして肘を伸ばして両手を前に、手は前で合わせます。

では、そのまま骨盤を動かさずに、体を左右動くところまでひねってみましょう。

どうですか?あまり動きませんね。

次はもう一度同じ姿勢をとってみてください。

そして、胸を張るように少しだけ「みぞおち」を前に出します。

みぞおちの裏の背中が少し意識しやすくなりますね。

ではその背中を意識しながら、最初と同じように体を左右にひねってみましょう。

すると先ほどよりも、動くようになるのがお分かりいただけましたか?

こういった意識的に関節を動かすことを「関節意識」と呼びます。

結論:「関節意識」を上げてスウェーを克服しよう

スイングをするよりも、日常のトレーニングで関節意識をあげてみましょう。

その上でスイングすると、スウェーを克服するきっかけになるかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です