パワーを上げたい人にまずオススメする一つのポイント

パワーを上げたい人にまずオススメする一つのポイント

高校生のラガーマン、Bくん。

最初は肩のケガで当院に通ってくれていました。

肩のケガはすっかり良くなったBくん。

そんな彼の悩みは実は「当たり負け」しやすいことでした。

とりあえず、どれくらいパワーがあるのかチェックすることに。

72kgのBくんと約50kgの僕、押し合いをすると、一体どちらが勝ったでしょうか。

筋肉があれば強いということではない

Bくんと僕の押し合い、結果は僕の勝ちでした。

体重差は役20kg。

もちろんBくんは筋トレを含めたトレーニングを毎日行っています。

トレーニングの目的はパワーを上げることのはず。

一体なぜBくんは押し負けしてしまうのでしょうか?

キーワードは「脱力」

答えは「力み」です。

そう、Bくんは力が入りすぎていたんですね。

力が入り過ぎるとなぜ体が安定しないのでしょうか?

僕たちは体を動かすために筋肉が存在するのはご存知ですね。

では、筋肉の働きには二種類あるのは?

動きを作る二種類の筋肉

一つ目は「体を動かすための筋肉」

肘を曲げると力こぶができるような、そんな筋肉です。

イメージ的にいうと、僕たちが筋トレと言ってトレーニングをしている場合の多くは、この種類の筋肉が強化されています。

もう一つは「体を支える(安定させる)ための筋肉」

読んで字のごとく、体を安定維持させるための筋肉です。

関節を動かす時、関節上下の骨をこの支える筋肉が近づけ安定させます。

そして次に、やっと動かす筋肉が働くのです。

じゃあ、先に動かす筋肉が働くとどうなるのでしょう?

この場合、関節が近づかず安定しないので、力がうまく別の部分に伝わらなくなってしまします。

そう、Bくんの場合は力を入れすぎたあまり、支える筋肉がうまく使えなくなってしまったのです。

だからこそ、まずは力を抜く

この力みは僕たちの動きにどんな影響をもたらすのでしょうか。

ちょっと実験してみましょう。

まずは、手を横側から大きく上に上げていきましょう。

普通に上まで上がりますね。

次に肩や腕に力を入れて、拳を右っている状態から同じように腕をあげましょう。

どうですか?

おそらく、先ほどのように大きく上まで上がらないと思います。

力みってこう考えると、意外と曲者ですね。

結論:まずは脱力してみよう

日頃トレーニングしている人ほど自分の「力み」に気づかないことが多いです。

まずは、思いっきり体の隅々まで脱力してみましょう。

きっと自分の力みに気づくはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です