腰椎分離すべり症でコルセット固定以外の選択肢をお考えのあなたに

「どうしても、野球に復帰したいんです」

 

 

 

 

高校1年生のYくん(仮名)は、強い口調でこう言いました。

 

中学2年生の時に、試合中、フルスイングをした時に、腰に嫌な感覚を覚えたYくん。

 

その後、日ごとに痛みを増していく自分の腰に不安を感じながらも、レギュラーから外されたくないという一心で、休むことなく、練習に参加し続けたそうです。

 

 

 

 

そして、4ヶ月が経過したある日。

 

いよいよ、歩くのもままならない状態のYくんを心配した親御さんが、学校を休ませて、大きな病院のスポーツ整形で診察を受けさせました。

 

そこで受けた診断が、

 

 

 

 

「腰椎分離症」

 

 

 

 

お医者さんからは、コルセットの固定を命じられ、Yくん数ヶ月に渡ってのコルセット固定を余儀なくされました。

 

また、大好きだった野球も、休まざるを得なくなったのです。

 

その半年後、なんとか復帰を遂げたYくん。

 

今までの遅れを取り戻すかのごとく、練習に明け暮れました。

 

 

 

 

そして進学したYくん。

 

ある日、外野からの遠投をした際に、また腰に嫌な感じを覚えたそうです。

 

その際、Yくんはこう思ったそうです。

 

(あぁ、また僕は野球ができなくなるのか)

 

 

 

 

そして、また病院に行ってみると、「分離症だからコルセットで固定しましょう」と言われました。

 

さらに主治医の先生は、Yくんにこう言ったそうです。

 

 

 

 

「Yくん、プロの選手でも、分離症で頑張っている選手はたくさんいるんだよ。

 

だからコルセットで固定せずに、腰への負担を軽減することも、選択肢に入れたらいいから。」

 

 

 

 

そして、Yくん親子は、当院を見つけてきてくれたのです。

 

 

 

 

そもそも、分離症ってなんなのでしょうか?

 

また、どのような人に起こりやすいのでしょうか?

 

 

 

 

分離症とは、簡単にいうと背骨の疲労骨折です。

 

反復したストレスが背骨の一箇所にかかり続けることで、背骨の一番弱い部分である後ろ部分に亀裂が入って起こります。

 

これだけ聞くと、とても怖く聞こえますが、背骨は全周囲を強固な靭帯で保護されているので、立てなくなったりということはまずありません。

 

ただ、一箇所にストレスがかかるということですから、ストレス軽減のために周辺の筋肉の緊張感が増し、痛みを起こすケースが多く、さらに悪化すると痺れを併発するケースも存在します。

 

 

 

 

じゃあ、どんな人に、この分離症は起こりやすいのでしょうか。

 

 

 

 

まず、股関節が硬い人。

 

股関節は骨盤の動きとリンクしています。

 

股関節が固い状態でしゃがみこむと、骨盤が後ろに倒れます。

 

また、体を回旋(捻る)ようなスポーツの場合、通常、股関節が動き、骨盤を回すのですが、股関節が硬いと骨盤がうまく回らず、腰で捻るようになってしまいます。

 

そうすると、腰へのストレスが増し、結果として分離症に移行するケースが出るわけです。

 

 

 

 

また、猫背の人も、分離症になりやすい傾向があります。

 

猫背のように背中を丸めている場合、回旋動作をすると胸部が回りません。

 

結果的に、胸部の動きを腰で作るようになるので、腰への負担が増してしまうわけです。

 

 

 

 

ということは、腰への負担を減らしてあげるだけでも、分離症の症状は軽減、もしくは消失する可能性があるということ。

 

今回のYくんの場合であれば、皮膚調整(筋膜リリース)を行い、姿勢を調整。

 

その後、動きづらかった股関節と胸部の動きを付け直しました。

 

結果としては、2週間で歩行時の痛みが軽減し、1ヶ月後には復帰を果たすことができたのです。

 

今は、当院を卒業して、大好きな野球を楽しんでいます。

 

 

 

 

コルセット固定で、状態が良くなる方もおられます。

 

でも、コルセット固定をしなくて済むのであれば、それに越したことはない。

 

僕はそう考えます。

 

 

 

 

姿勢を直して、楽しい野球ライフを送りましょう!