気になる猫背と腰痛・臀部の痛み

立っていたり歩いたりしているとお尻の辺りが何やら重だるい。もしくはダル痛い感じがする。
何て言うことはありませんか?

こういったお尻に関する症状は、病院で診てもらっても「骨には異常がない」「座骨神経痛」という診断を受け、痛み止めや様子を見るよう指示されるケースが少なくありません。

このようなケースで多いのが実は姿勢の問題。特に「猫背」なのです。

では、猫背のようないわゆる『前かがみの姿勢』であると、なぜお尻に負担がかかりやすいのでしょうか?

まずこちらの写真をご覧ください。

写真のような猫背姿勢であると、体の前側の筋肉(胸やお腹の筋肉)が縮んでしまい、逆に体の後ろ側の筋肉(背中やお尻の筋肉)が引っ張られてしまいます。立っていても座っていても、このようなことが起こっていています。

もちろん、床に落ちたものを取るような動作の場合、この姿勢から行うと前側の筋肉は、より強く縮んでしまい、また、後ろ側の筋肉で引っ張り返して状態をコントロールする力は、必要以上にかかってしまうのです。

こういった状態が持続的に、しかも長期間にわたって起こると、腰やお尻の神経を圧迫し引っ張る原因にもなりかねません。

これがいわゆる「座骨神経痛」の一つの原因になるのです。

次に、こちらの写真をご覧ください。

では、比較をしてみましょう。

背中が元々あるべき位置に戻ると前後の筋肉のバランスが取れるようになり、腰やお尻にかかる負担が軽減されます。こういった良い姿勢が保てるようになるだけで、腰の痛みや座骨神経痛、お尻の痛みも解消されるのです。

実際に当院に通っておられる方でも、原因不明の臀部の痛みや座骨神経痛の症状を訴えて来られる方は多くいらっしゃいます。
姿勢改善の施術を受け、症状がなくなったという喜びの声もたくさんいただいております。

当院は香芝市内からだけではなく、周辺の高田市や葛城市、橿原市や大和郡山市などからも来院されています。また奈良県外、大阪や京都、兵庫などの遠方からも来院されています。

気になる症状やお体のお悩みは、放っておかずにまずは気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です