一流選手の体が手に入ったら

一流選手の体が手に入ったら

「イチローみたいな体があったらなぁ」

「朝起きたら、楢崎智亜だったら・・・」

こんな妄想、一度くらい考えたことありませんか?

僕はあります(笑

今日は、もし自分の体が憧れのあの選手になったら。

そんな話です。

まずは、試してみますよね。

せっかく素晴らしい体が手に入ったのですから、すぐに色々試してみたくなりますよね。

街を歩いているだけで、誰もが振り返る。

みんなが知っている有名人ですから。

あなたはバッティングセンター、クライミングジム、競技にかかわらず、いろんなスポーツで試してみたくなるでしょう。

そして行った先でも、間違いなくあなたはみんなの羨望の眼差しを受けるのです。

あなたはドヤ顔で練習を始めます。

しかし・・・

あれ?うまくできないぞ!?

いくらバッティングをしても、いくら登っても、なぜかうまくできません。

バットを振っても、なぜか思ったように動かないし振り遅れる。

得意のランジを決めようとしても、うまくジャンプできない、届かない。

(おいおい!ちょっと待って!何で!?)

あなたは焦ります。

周囲もあなたの異変に気付いたのか、にわかにざわつき始めました。

(どうしよう、こんなはずじゃないのに!)

あなたはそそくさと、身支度をして家に帰ったのです。

さて、なぜこんなことが起こるのでしょう?

体は間違いなく一流選手のもののはず。

何でうまく動かないのでしょうか。

その答えは「脳」です。

体は一流選手でも、その体をコントロールしている脳があなた自身だから、こんなことが起こります。

例えば、バットを振るという動作。

向かってくるボールのスピードを正確に捉えるという「感覚」。

そしてそのスピードにタイミングを合わせて、バットを振るという「動作」。

例えば、ランジ。

次のホールドまでの距離感を測る「感覚」。

そして飛びつくために、振り子のように体を動かす「動作」。

いくら関節や筋肉の状態が良くても、「感覚」と「動作」は脳で制御しています。

だから、一流選手の体でも中身があなたであれば、こんなことが起こるのですね。

結論:体も脳も鍛えましょう

トレーニング=筋トレということだけではありません。

筋肉を鍛えるトレーニング、感覚を鍛えるトレーニング、動作をつなげていくトレーニング。

それぞれ目的が異なります。

全てが強くなるために必要な要素です。

体だけではなく、脳もしっかりと鍛えていくようにしましょう!!

トレーニングの方法に関しては、おいおいブログに書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です