たまには全力で遊んでみよう

たまには全力で遊んでみよう

先日うちの息子と、そのいとこの兄弟と一緒にボーネルンド天王寺に行ってきました。

ヨーロッパのおもちゃメーカーがやっているプレイランドが目的です。

子どもが好きそうなおもちゃや遊具、絵の具やねんどなどがあったりと、まさに子どものための国。

ちょっと2時間くらい遊んで帰ろうと思ったのですが、結局4時間も遊んでしまいました。

もちろんプレイランド内では、たくさんの子どもたちが遊んでいます。

そんな子どもたちをみていて、ふと感じることがあったので、共有したいと思います。

思いっきり遊ぶ子どものように思いっきり遊ぶ

当たり前の話ですが、子どもたちは一生懸命遊んでいます。

手抜きなく、全力で。

まぁこちらが清々しい気分になるほどでした。

うちの子どもも3歳ですが、見知らぬ子どもたちとも何となく仲良くなったり、いとこと一緒に遊んだりと満喫していました。

確かに多少ケンカもしていたようですが、ちょっとしたおもちゃの取り合いくらい。

そういえば、僕たちっていつから遊ばなくなったんだろう?

ふと、そんな疑問が頭をよぎりました。

息子ぐらいの年齢の時、僕は確かに近所の空き地やら何やらで遊んでいたはず。

いつだ?

思い出せないということは、きっとかなり前なんだと思います。

せっかくなので息子たちと思いっきり遊んでみることにしました。

ボールのプールや滑り台、アスレチック、、、

そうしているうちに、ふと自分の体に起きた変化に気づいたのです。

お?体が柔らかくなった

小さいトンネルで子どもを追いかけてみたり、子どもが入れるような空気の入った筒を押したり、トランポリンで遊んでみたり、とにかく本気で遊んでみました。

そして職業柄、体の動きをチェックしてみたのですが、意外なことに気がついたのです。

そう、体が柔らかくなったのです。

自慢ではありませんが、僕はかなり体が硬い。

ストレッチをやっても、なかなか柔らかくならなかった僕の体が、嘘のように柔らかくなりました。

「おぉ、これは」

そう思い、腕を大きく上に挙げてみると、、、

「動かしやすーい!」

僕たちの体は、環境によって変化する

じゃあなぜこんなことが起こるのでしょう。

これは体全体に分布している感覚器という「センサー」によるものです。

寒ければ身をすくめますよね?

これは寒さのセンサーが働いて、熱を体から逃さないようにするためです。

これと同じで、トンネルをくぐろうとした場合、目で見てトンネルの大きさをイメージします。

すると脳が、「このトンネルは狭いから、もう少し動かしやすいように対応させよう」と体の各部に指令を出すのです。

結論:たまには思いっきり遊んでみよう

体を小さく固めてばかりいると、体も思考も退化してしまいます。

たまにはお子さんと、思いっきり遊んでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です